読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@Satoh_D no blog

大分にUターンしたので記念に。調べたこととか作ったこととか食べたこととか

Gitでローカルに作成したブランチをリモートにpushする

最近重い腰を上げてGitを使い始めました。
「開発効率をUPする Git逆引き入門」を片手にコマンドをポチポチ打っています。

やはりバージョン管理ができるといいですね。
プラグイン作りがとてもやりやすくなりました。

今日はローカルで作成したブランチをリモートにpushする方法をメモしときます。 やり方は以下の通りです。

ローカル上でブランチを作成する

まずはローカル上で適当なブランチを作成します。
今回は「master」というブランチから「test」というブランチを作成しました。

$ git checkout -b test
Switched to a new branch 'test'

ブランチが切り替わっているのを確認する

ブランチが「master」から「test」に切り替わっているのを確認します。
この時、リモートにはまだ「test」というブランチはありません。

$ git branch -a
* test
  master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/master

ブランチ「test」をリモートにpushする

あとは現在のブランチをリモートにpushするだけです。

$ git push origin test

これで「test」というブランチがリモートにpushされました。
「git branch -a」でリモートに「test」が存在しているのを確認できれば成功です。

$ git branch -a
* test
  master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/test
  remotes/origin/master

開発用のブランチを他の人と共有するときとか便利ですね。
これでまたGitの理解がひとつ深まりました。